2013年

11月

13日

眠気のサインを無視しない

 長時間運転していると、眠気が襲ってくることはよくありますが、それを「まだ大丈夫」とガマンして運転していると、居眠り運転で事故を起こすことになりかねません。


 アメリカの疾病管理予防センターのアンG.ウィートン博士の研究によりますと、危険な兆候として、次のような「眠気のサイン」をあげています。


 たとえば、「あくびが出る」、「瞬きが増える」、「一瞬記憶が飛んで数キロ走行してことを忘れる」、「高速道路の出口を見逃した」、「車線を越えた」、「センターラインにあるデコボコを踏んで音がした」、などがあれば「すぐに休憩すべし」のサインだということです。


 こういう兆候に気づいたら、安全な場所を見つけて休憩をすることが大事です。また、運転中に眠気を感じたら、「窓を開けたり」、「アップテンポの音楽をかけたり」する人がいますが、これらはほとんど効果がないということです。

 完全に眠気を取るには、「アラームをセットして短時間の仮眠をとる」、「コーヒーを買って飲む」、「少し周りを歩く」といった方法が効果的だと指摘しています。これは、アメリカからの報告ですが、日本でも参考になることがありますので、居眠り運転防止に役立ててください。

(2013.11.13更新 シンク出版株式会社)

■運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中!

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」を好評発売中です。カレンダー機能が充実していますので、スケジュール管理も快適に行っていただくことができます。

 一部の資料についてWEBサイトから、詳しいデータをダウンロードしていただけます。

 

 期間限定商品ですので、お申込みの方はお早めにお願いします。

 


 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。