2013年

12月

03日

子どもを乗せるときにはチャイルドロックを

チャイルドロックの切替スイッチ
チャイルドロックの切替スイッチ

 さる11月26日、静岡県浜松市南区で母親が運転するワンボックス車の後部席のドアが突然開き、5歳の子ども2人が転落し、軽いけがをするという事故がありました。車には、チャイルドシートは取りつけられておらず、子どもが勝手にドアを開けたとみられています。


 6歳未満の子どもを乗車させるときには、チャイルドシートの使用が義務づけられており、チャイルドシートを使用することはもちろんですが、車内から子どもが勝手にドアを開けないようにロックしておく必要があります。


 こうしたロック機構は、チャイルドロックやチャイルドプルーフ、チャイルドセーフティドアロックなどの名称で呼ばれていますが、いずれも車のドアを内側から開けられないようにロックをかける機能です。


 通常のドアロックの場合には、外側からも開けられなくなりますが、チャイルドロックの場合には内側からは開けられませんが、外側からは開けられるようになっています。自分の車にそうしたロック機能がついているかどうか、スイッチはどこにあるかを、もう一度取扱説明書をみて確認しておいてください。


 そして、子どもを乗せるときには、チャイルドシートを着用し、チャイルドロックをしておきましょう。

 走行中の子どもの安全を守るのは、運転する親の務めですから。

 

(シンク出版株式会社 2013.12.4更新)

■「運転における危険回避力をチェックしよう」新発売!

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転におけるリスクテイキング(危険敢行性)を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などをチェックし、運転時に気をつけるべきポイントを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。