2014年

1月

22日

冬道での踏切一時停止は細心の注意を

 さる1月9日午前8時ごろ、茨城県の下妻市で、凍結した路面でスリップしたとみられる車が踏切内に進入し、列車と衝突して運転者が意識不明の重体となる事故がありました。

 事故の現場は、踏切に向けて緩い下り坂になっており、乗用車が遮断機が下りた後に踏切内に進入したとの目撃情報があり、スリップして止まれなかったと見られています。

 凍結した路面では、踏切に限らず一時停止場所や信号交差点などで停止しようとした際に、スリップして止まることができずに、そのまま進入して列車や交差道路からくる車と衝突する事故が少なからず発生しています。
 
 踏切や交差点など、停止や発進を繰り返す場所では雪が踏み固められて滑りやすくなっています。そのため、減速するタイミングが遅れたりすると、慌てて止まろうとして強いブレーキを踏んでスリップして、手前で停止することができずに踏切内や交差点内に進入してしまいます。

 とくに、この事例のように緩やかな下り坂になっている場所では、なかなか止まることが出来ずに、ついつい強いブレーキを踏んでスリップしやすいので注意が必要です。踏切や交差点で停止するときには、早めにソフトなブレーキを踏んで減速する運転を心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2014.1.22更新)

■運転時にどんなリスクを取りやすいかをチェックしましょう

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。