2014年

2月

05日

深夜、赤点滅信号で一時停止していますか?

 深夜になると、交差点の信号が赤点滅信号に変わるところがあります。

 ここで指摘するまでもなく、赤点点滅信号は停止位置で一時停止して、安全確認して進行することができると言う意味ですね。ちなみに、黄点滅信号は他の交通に注意して進行することができると言う意味です。

 ところが、点滅信号になっているところは交通量が少ない場所なので、なかなか信号が守られていないのが実情です。
 
 さる1月14日、愛媛県警の女性巡査部長が運転する乗用車が、赤点滅信号の交差点で一時停止を怠って軽乗用車と衝突事故を起こし、相手に全治2か月の重傷を負わせたとして、所属長注意の処分を受けたという報道がありました。

 巡査部長は、「夜が遅かったので、他に車は走っていないと思った」と話しているとのことですが、このように赤点滅の信号があるところでも、「めったに車が来ないから、今日も来ないだろう」など、自分勝手な理由をつけて、一時停止をせずに通過する人が後を絶ちません。

 赤点滅信号の交差点で一時停止を無視しても事故にならないのは、たまたま運よく車が来ていなかっただけでなのです。赤点滅信号の交差点では、絶対に一時停止を怠らないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.2.5更新)

運転者心理に潜む危険を診断する交通テスト

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。