2014年

3月

14日

横断歩道を通過するときは横断者がいるものと思っておこう

 さる3月3日午後3時15分ごろ、広島県福山市で、青信号で横断歩道を渡っていた下校中の小学生の列にトラックが突っ込み、3人が重軽傷を負う事故がありました。


 現場はT字路交差点になっており、横断歩道や停止線の位置がドライバーからわかりにくいという指摘があり、信号無視をする車が多く、事故を起こしたトラックも信号無視をしたものとみられています。

 事故現場図を見てもらえればわかると思いますが、トラックが進行した方向には、T字路交差点を過ぎたところに信号と横断歩道があり、対向車線側の車が信号で停止していると、横断歩道を渡ってくる人が死角に入ってわかりにくいという構造になっています。
 
 しかし、いくらわかりにくい構造といっても、交差点を通過するのですから、それなりに注意が必要なのは当然のことだと思います。
 ほとんどの場合、大きな交差点には必ず信号機が設置されており、どこかに横断歩道が設置されているはずです。そこを走行するのですから、信号を無視したり、横断歩道を渡ってくる歩行者に気づかないというは、運転者失格と言われても仕方がありません。
 
 交差点に設置してある横断歩道を通過するときには、そこには必ず横断歩行者がいるものと考えて、スピードを落とすとともに、あらゆる方向に目配りをして運転してください。

(シンク出版株式会社 2014.3.14更新)

■見えない危険を読む危険予測訓練ツール

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。