2014年

3月

25日

動物の飛出しにあっても慌てない!

 運転中に、突然猫などが車の前を横切ってドキッとした経験はありませんか?そんなとき、急ハンドルで避けようとしたりするのは危険ですね。

 動物を轢くのも気分がいいものではありませんから、何とか轢かずにすませたいと考えるのは人情です。しかし、急ハンドルを切ったがために死傷事故も発生しています。


 3月15日午後4時ごろ、デイサービス帰りの高齢者5人を乗せた介護施設のワゴン車(56歳・女性介護職員運転)が、広島県呉市の見通しのよい緩やかな県道左カーブで、飛び出してきた小動物を避けようとしてハンドル操作を誤り、道路右側の立ち木に正面から衝突しました。

 この事故で、後部席に乗っていた高齢者2名が死亡したほか、1人が意識不明の重体、運転者を含む3人も重傷を負いました。

 

 運転者が小動物の飛出しに慌てて、急ハンドルを切らずにそのまま進行していれば、動物を轢いてしまったかもしれませんが、このような大きな事故に結びつくことはなかったと思われます。

 

 急に動物が飛び出してくると慌ててしまいますから、ある程度予測しておくことが大切です。とくに「動物注意」の標識があるような道路を走行している場合には、「動物がとびだしてくるかもしれないな」とある程度予測して運転するようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.3.25更新)

■貨物運送事業者の経営者、管理者向けのリスクマネジメント参考書

 

 参考書「事例・判例から見る貨物運送事業の危機管理術」は、厳しい刑事処分や行政処分を受けた事例を中心に、危機管理のポイントをイラストと図解を中心にわかりやすく解説しています。

 

 運行管理や労務管理の見直し、危機管理対策の構築に役立つ貨物運送事業者必携の1冊です。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。