2014年

3月

27日

エンジンオイル劣化による車両火災に注意

 最近の車は、比較的長期間乗られることが多くなり、エンジンオイルが劣化したまま使用している人も少なくありません。最近、エンジンオイルの劣化を原因とする車両火災が多発していますので注意が必要です。
 
 エンジンオイルが劣化したぐらいで、どうして車両火災が発生するのかと不思議に思われる方もおられると思います。エンジンオイルが劣化すると、オイル内に劣化物質がたまり、これがエンジン内部に堆積することによって、オイルストレーナなどを目詰まりさせて、オイルの循環を悪くさせます。

 この状態で走行していると、エンジン内の部品が滑らかに稼動できなくなり、やがて部品がバラバラに砕け散ってエンジン本体を破損させ、そこからエンジンオイルが飛散して車両火災を発生させるのです。
 
 エンジンオイルを交換するのは、車検のときだけという方もおられますが、車検時のみでは十分ではありません。メーカーが推奨する期間や走行距離にしたがってオイル交換をしてください。また、エンジンからの異音や何らかの不調、警告灯の点灯などの異常を感じたときには、ただちに使用を中止して修理工場などで点検をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.3.27更新)

■点呼やミーティングなど短時間でのドライバー教育に最適!

イラストとキーワードでわかる

トラックドライバー教育資料の決定版

 

 「運行管理者のためのドライバー教育ツール」は、国土交通省告示の「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」11項目に準拠したドライバー教育資料です。

 本誌は、毎月計画的に「指導・監督」を実施し「安全教育記録」を残すことができ、「ドライバー教育資料」は、3コマのイラストとワン・ツー・スリーの3つのキーワードで、誰でも理解できるドライバー教育ツールです。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。