2014年

4月

01日

4WD車のタイヤは同じものを使用しよう

 皆さんのなかには、4WD車(4輪駆動)に乗っておられる人もいると思います。4WD車は、エンジンの駆動力をバランスよく4輪に伝えますので、登坂性能など優れた操縦安定性を発揮しますが、それだけにタイヤの選択には注意が必要です。

 たとえば、タイヤが1本バーストしたので、「1本だけタイヤ交換」をしたいという場合があります。そのとき、1本だけ異ったタイヤを装着すると、前・後輪の摩耗状況の差やトレッドパターンの違い、直径の差(同じサイズ表記のタイヤでも、メーカーが違えば実際のタイヤの直径が異なることがあります)などによって回転差が生じ、ディファレンシャルギアに過度の負荷がかかった状態になります。

 こうした状態で走行していると、ディファレンシャルギアが異常加熱して、ついには焼き付いて走行不能になったり、ひどいときには発火して車両火災を起こすことがあります。

 4WD車に乗っている人は、タイヤの使用に関して次の点を遵守してください。
1・前・後輪ともに自動車メーカーが指定したサイズを使用する
2・タイヤのメーカー、銘柄、トレッドパターンを四輪とも同一にする
3・摩耗差の著しいタイヤを混ぜて使用しない
4・タイヤの空気圧を指定空気圧に調整する

 

(シンク出版株式会社 2014.3.28更新)

■どのような場合に「うっかり事故」をおこしやすいかをチェックできます

 

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、「わき見・漫然運転」をはじめとして「先急ぎ運転」「思い込み運転」によるうっかり事故の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかを知ることができ、具体的な安全運転目標を立てることで、「うっかり事故」の防止をはかることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。