2014年

4月

04日

シートベルトのロック機能を理解していますか?

 シートベルトのロック機能には、大きく分けて2つの種類があります。一つは、ELR(緊急ロック式ベルト巻取装置)付シートベルトです。
 これは、シートベルトをゆっくりと引き出すと自由に出し入れできますが、途中で急に引っぱったり、急ブレーキを踏んだりするとシートベルトがロックされるタイプです。
 このタイプのシートベルトは、ほとんどの車の運転席や助手席に付いていますので、皆さんよくご存じだと思います。
 
 もう一つは、ALR(自動ロック式ベルト巻取装置)付シートベルトと呼ばれるものです。
 これは、シートベルトを引き出している途中で手を止めると、自動的にロックされ、それ以上ベルトが引き出せないタイプです。
 ただし、巻き戻すことはできますので、チャイルドシートを固定するには非常に便利な機能となっています。

 現在では、ALR付きELRシートベルトがほとんどです。このタイプは、普通にシートベルトを引き出すことができますが、すべて引き出すとALR機能に切り替わり、巻き込み方向にしか動かなくなります。


 ですから、こうした機能を持つシートベルトで子どもを遊ばせていると、ベルトが緩められなくなり思わぬ事故を引き起こす危険性があります。子どもをシートベルトで遊ばせないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.4.4更新)

■新入社員教育に最適!

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、「わき見・漫然運転」をはじめとして「先急ぎ運転」「思い込み運転」によるうっかり事故の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかを知ることができ、具体的な安全運転目標を立てることで、「うっかり事故」の防止をはかることができますので、新入社員教育に最適な教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。