2014年

4月

24日

ゴールデンウィークのお出かけ前にタイヤのチェックを

パンクの危険

 いよいよ楽しいゴールデンウィークが近づいてきました。皆さんのなかには、家族や仲間と行楽地へのドライブを計画されている方もおられると思います。長距離ドライブの際には、さまざまなトラブルが生じることがありますので、まず事前の準備をしっかりとして出かけてください。

 JAFでは、昨年のゴールデンウィーク中(平成25年4月27日~5月6日)に行ったロードサービスの内容を発表しています。これをみると、この期間に利用が多い高速道路でのトラブルのなかでいちばん多いのは、「タイヤのパンク」となっており、全体トラブルの約28%を占めています。、次いで「燃料切れ」が約11%となっています。タイヤのパンクのなかには、バースト(破裂)や空気圧不足も含まれています。
 
 空気圧が不足したまま長時間高速走行すると、タイヤのたわみ(変形)が大きくなってタイヤが発熱し、やがてバーストしたり(スタンディングウェーブ現象)、セパレーション(はく離)を起こしたりします。
 
 長距離ドライブに出かけるときには、どれだけ燃料が入っているか、タイヤの残り溝や周辺の傷の有無、空気圧をチェックしてください。


(シンク出版株式会社 2014.4.24更新)

■運転をするにあたっての、心構えを見直してみましょう

 安全運転で大切なことは、運転に対する「心構え」です。

 自己診断テスト「安全運転の心構えをチェックしよう」は、「運行準備の意識」「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守意識」など運転に対する6つの心構えを診断することができます。

 ドライバーとして、「運転に対する心構え」にどのような弱点があるかを簡単に診断することができる交通テストです。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。