2014年

4月

28日

小学校低学年の事故は5月以降多発します

 4月になると、新入学の児童が道路に出てきますので、車を運転する人は小さな子どもの動きには十分な注意が必要です。
 しかし、注意しなければならないのは4月だけではありません。警察庁のまとめによりますと、小学1、2年生が歩行中に交通事故に遭う人数は、入学や進級直後の4月と比べ、5~7月に増える傾向にあるからです。

 平成21年から25年までの5年間の月別データをに集計した結果、小学1年生の死傷者は、4月に693人でしたが、5月は1031人と急増しており、6月が1139人、7月も1000人と増えています。
 2年生も、4月は848人だったものが、5、6月はともに1000人前後に増えています。

 5~7月に事故にあった1、2年生の事故を時間帯別にみると、放課後の「午後2時~6時」に事故に遭うケースが約65%といちばん多く、通行目的別では、「登下校中」がいちばん多く、約31%を占めています。
 また、法令違反の有無別では、約67%に法令違反あり、そのうち約60%が公園などから路上に走り出るなどの「飛び出し」で事故に遭っていました。
 
 これから5月を迎えます。午後2~6時ごろに生活道路や学校付近を走行するときには、子どもは法令違反をするものだと考え、これまで以上に「飛出し」等に備えた運転をしてください。

(シンク出版株式会社 2014.4.28更新)

■見えない危険を読む危険予測訓練ツール

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。