2014年

4月

30日

アルミホイールによる収れん火災に注意

 車内に水が入ったペットボトルなどを置いておくと、太陽光線の反射・屈折した光が一か所に集中して車両火災が起こることがあります。
 皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、これは「収れん火災」と呼ばれおり、ペットボトルの他に、水晶玉、金魚鉢などでも発火した例があります。

 さる3月6日、栃木県小山市内のアパート2階のベランダ付近から火が出ているのを近所の人が見つけ119番しました。現場検証の結果、ベランダにあったタイヤのアルミホイールに太陽光が反射し、近くの洗濯物などを焼いたものと判明しました。

 

 このタイヤホイールは、一般的なホイールと違ってスポーク部分がなく、凹レンズのように中央がくぼんだ形状のホイールで、タイヤを装着した状態で4個ほど置いてありました。斜めに立てかけてあったそのうちの一つが、凹面鏡の役割をして火災につながったものでした。
 
 国民生活センターでは、タイヤホイールによる「収れん火災」の発生を実験しており、「凹面鏡のような形状で光を反射するメッキ処理のホイールは、最悪の場合収れん火災が発生する可能性がある」として、注意を呼び掛けています。

 

 凹面鏡のような形状のホイールを持っている人は、タイヤの保管場所や駐車場所などに十分に注意してください。

(シンク出版株式会社 2014.4.30更新)

■ドライバーの安全意識を高めましょう!

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。