2014年

5月

23日

自動車運転死傷行為処罰法の危険運転致傷罪が施行当日に適用

 ご存じのように、5月20日から自動車運転死傷行為処罰法が施行されましたが、新設された「危険運転致死傷罪」がさっそく施行当日に埼玉県で適用されました。
 
 20日午前3時40分ごろ、埼玉県蕨市の市道を走行していたワンボックス車が対向車線にはみ出し、タクシーと正面衝突し、タクシーの運転者が左手を骨折する重傷、乗っていた女性客も軽いけがをしました。
 ワンボックス車を運転していた運転者の呼気から1リットル当たり0.3ミリグラム以上のアルコールが検出されたため、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致傷)容疑で現行犯逮捕されました。

 これまでは、悪質で危険な運転をして死傷事故を起こしても「危険運転致死傷罪」の適用要件が厳しく立証のハードルが高いために、なかなか適用されませんでした。
 しかし、今回施行された「自動車運転死傷行為処罰法」では、「アルコール、薬物、病気の影響により正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転」して死傷事故を起こした場合となっており、かなり適用範囲が拡がっています。罰則も最高で15年以下の懲役となっています。

 
 皆さんは、こんな運転をしないと思いますが、周りの人に十分に周知していただきたいと思います。

(シンク出版株式会社 2014.5.23更新)

■事故に結びつきやすい健康リスクをチェック!

小冊子「健康管理と安全運転」は、健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、運転者が日々気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。