2014年

6月

03日

15分間の昼寝で集中力をアップさせよう

 人間は、日中に活動することによって疲労物質が蓄積されていきますが、この疲労物質がたまると集中力が低下して、活動の質が低下してしまいます。

 とくに、睡眠不足の場合には、夜の睡眠によって解消されるべき疲労も蓄積されていますから、よけいに日中の活動の質が低くなってしまいます。こうした疲労物質を取り除く効果があると言われているのが、昼寝です。

 昼寝をすることで、日中の活動によって溜まった疲労を解消し、集中力がアップしてエネルギッシュに活動を続けることができるようになる、と言われています。

 昼寝はそんなに長くする必要はありません。わずか15分程度の昼寝で十分です。30分以上昼寝をしてしまうと、脳は熟睡するモードに切り替わってしまうので、起床後も慢性的な眠気が続いてしまう結果となります。
 
 車を運転していて、昼食後から眠くなることがあると思います。そういうときには、安全な場所に車を止めて15分程度の昼寝をしてみませんか。

 ただし、昼寝をした後は、冷たい水で顔を洗ったり、屈伸運動をしたりして、脳を目覚ましてから出発してください。

(シンク出版株式会社 2014.6.3更新)

■重大事故に陥りやすい健康リスクをチェック!

小冊子「健康管理と安全運転」は、健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気を付けなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。