2014年

6月

12日

何か当たったと感じたら逃げないでください

 人身事故を起こしたときに、気が動転してパニックになったり、飲酒運転などがばれるのが怖くて、救助せずにそのまま逃げる人がいます。

 

 大阪府警では、昨年ひき逃げで摘発されたドライバー636人に対して調査を実施していますが、それによりますと逃げた動機としていちばん多かったのは「飲酒・無免許が発覚するのが嫌だった」が107人(16・8%)となっています。

 

 こうした回答はある程度予測できますが、「事故か半信半疑だった」が102人(16・0%)、「大したことないと思った」が101人(15・9%)という回答が多いのには驚かされます。

 

 車を運転している人は、車体を擦った経験が少なからずあると思います。ちょっと擦っただけなのに、非常に大きな衝撃を感じますよね。それなのに、人身事故を起こして「事故を起こしたかどうか半信半疑」という回答は言い訳としか思えませんし、「大したことはない」というのも事故の重大性を甘く考えているとしか思えません。

 

 運転しているときに、何かに当たったなと感じたら、そのまま行かずに車を止めて状況を確かめてください。人を跳ねて逃げれば、助かるはずの命も救えませんし、厳罰が待っているということを肝に銘じておきましょう。

(シンク出版株式会社 2014.6.12更新)

■軽い気持ちでした運転行動が高い事故の代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。 

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。