2014年

8月

06日

車の中での熱中症に注意

 これから帰省やレジャードライブに出かける人も多いと思いますが、車内でも熱中症になりやすいので注意してください。熱中症といえば、屋外での畑仕事をしているときや、運動しているときに起こやすいイメージがあるのですが、意外にも車を運転しているときにも起きているのです。
 
 皆さんも経験があると思いますが、密閉された車内はガラス窓から直射日光が直撃しますので、エアコンをつけていても温度が上がります。とくに、エアコンの冷風が後部座席に届きにくいため、後ろに座っている人はかなり暑く感じますよね。
 
 また、締め切った車の中では乾燥して喉もかわきますが、渋滞などに巻き込まれていると、トイレに行けないことが気になって、つい水分補給を怠りがちになります。このように、車内温度が上昇しているにもかかわらず水分を補給しないことで、熱中症が起こりやすくなるのです。
 
 車内での熱中症を防ぐためには、まず温度の上昇を防ぐために日よけ対策を十分に行っておくことです。取り外し可能なシェードなど車内に用意して、日差しを防いでください。そして、必ず飲み物を準備し、「喉が渇いた」と感じる前にこまめに水分補給をして、脱水症状を起こさないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.8.6更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。