2014年

8月

19日

工作物への衝突に気をつけましょう

工作物衝突

 先日、今年1月から6月の交通死亡事故統計が発表されて、62年ぶりに上半期の交通事故死者が2千人を下回ったとニュース報道がありました。
 その事故統計を見ていて、一つ気づいたことがあります。

 それは、全体に死亡事故が減少しているなかで、単路での工作物衝突による車両単独事故が増加していることです。
 上半期に単路での工作物衝突は233件発生し、前年より31件増(15.3%増)と目立っています。
 その内訳はカーブ・屈折が122件(19件増)、一般単路が94件(6件増)、橋が12件(5件増)、トンネルが5件(1件減)となっています。

 スピードコントロールを誤って、カーブでガードレールや立木に衝突したり、電柱などに激突する事故が多発しているようです。道路が広くなり環境がよくなっても、その分スピードオーバーすれば危険なことに変わりはありません。
 また、家族旅行やグループドライブでたくさんの人員が乗っているときには、車の重さが増して遠心力の影響を受けやすくなっています。

 スピードや無理な運転操作に注意し、道路工作物などへの衝突を避けてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.8.19更新)

■自分がどんな事故を起こしやすいか気づくことができます

事故パターンの傾向

自己診断テスト「起こしやすい事故パターンをチェックしよう」は、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えるだけで、自分自身がどういった事故を起こしやすいかを診断することができます。

 

自身の起こしやすい事故パターンを知ることで、注意力を高め、日々の安全運転に結びつけていただくことができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。