2014年

8月

29日

Uターンする車に気をつけよう

 昔の体験なのですが、片側2車線の広い道路のセンターライン寄りの第2車線を走行しているとき、前を走行していた車が突然左の車線へ移行したので、前へ出ようとしました。
 そのとき、左へ寄った車が突然目の前を横切る形でUターンをしてきました。ビックリして慌てて急ブレーキを踏み、何とか衝突は避けることができました。
 それ以来、片側2車線道路で左車線に寄った車は、Uターンをしてくることもあるということを頭に入れて、そうした車の動きを注意しながら運転するようになりました。
 
 さる8月24日、神奈川県横須賀市でも同じような状況で事故が起きています。
 片側2車線の見通しのよい直線道路で、トラックがUターンしているところに後方から直進してきたバイクが衝突し、バイクに乗っていた男性が意識不明の重体となる事故がありました。

 Uターンする車のドライバーは、対向車線からくる車のほうに意識が向きがちで、バックミラーで自車線の後方から来る車を確認しようとしても、車線変更の際に車体が斜めになっていたりすると、ミラーの死角に後続車が隠れてしまい、発見できないことがあります。
 片側2車線道路では、先行車が左に寄ったときや左車線の前方に車がいるときは、Uターンを予想しておきましょう。

(シンク出版株式会社 2014.8.29更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。