2014年

9月

16日

スピードの出し過ぎは死亡事故に直結する

速度超過事故の死亡事故率

 走行している車は大きな運動エネルギーを持っていて、スピードを出せば出すほど衝撃力も大きくなります。そのため、事故を起こしたとき、スピードを出していればそれだけ死亡事故のなりやすいのはご存じとおりです。

 青森県警がこのほど発表したデータによっても、このことがはっきりと裏づけられています。
 青森県警によりますと、平成21年から25年までの5年間に青森県内で起きた交通事故は計2万7,018件あり、このうち死亡事故は244件起きています。


 これを速度別でみてみますと、規制速度内の事故は2万5,885件で、このうち死亡事故は169件発生していて死亡事故率は0.65%にとどまっています。
 これに対して、規制速度を超過した事故は1,133件でこのうち死亡事故になったものは75件あり、死亡事故率は6.62%と、死亡事故の発生割合は約10倍も高くなっています。

 危険を感じたときに、ハンドル操作で避けようとする人がいますが、まずはブレーキを踏んでスピードを落とすことが心がけてください。スピードさえ落としておけば、万が一衝突しても重大事故にならないと思います。


(シンク出版株式会社 2014.9.16更新)

■あなたの運転における危険回避力をチェックしましょう

 

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などをチェックし、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。