2014年

9月

19日

意識がない状態で運転できるの?

 危険ドラッグを吸って車を運転し、悲惨な事故を起こすケースが後を絶ちません。
 事故を起こした運転者のほとんどは、意識がもうろうとして「車に乗る前に危険ドラッグを吸った。事故のことは覚えていない」などと供述しています。
 こうしたニュースに接するたびに、自分で車を安全にコントロールできない状態と知っていながら、なぜ車を運転して事故を起こすのか理解に苦しみます。
 
 危険ドラッグに限らず、飲酒運転などでも同じですが、車を運転しているときに正常な意識でないということは、前を見て適確な状況判断ができない状態で運転しているということです。
 車を安全にコントロールできない状態と分かっていながら運転して、事故を起こして人を死亡させることは、ある意味「殺人行為」と言われても仕方がありません。

 一昔前、交通死亡事故が多発していたときには、よく「車は走る凶器」と言われていました。今ではあまり耳にすることがなくなりましたが、車は「走る凶器」であることには変わりありません。
 車を運転するということは、絶対に他人を殺さない、傷つけないという義務と責任を背負っているということを忘れないでください。

(シンク出版株式会社 2014.9.19更新)

■運行管理者・配車担当者のためのマネジメント手帳

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者としてしっておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

2015年版から整備管理者制度の概要を掲載、2016年版より健康管理と指導のポイントを掲載するなど資料ページがより充実しました。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。