2014年

9月

25日

道路を走行している耕運機に注意

 さる9月15日午後6時10分頃、埼玉県寄居町の道路で、走行していた耕運機に後ろから来た乗用車が追突して、耕運機の運転者が投げ出され死亡する事故がありました。

 事故現場は、片側1車線の緩やかな右カーブになっており、乗用車の運転者は「薄暗くて、気づいたときには間に合わず追突した」と供述しています。この事例のように、車を運転しているときに、前に耕運機が走行していて追突しそうになったことはありませんか?

 耕運機のスピードは非常に遅くて、遠くにいるなと思っていてもアッという間に追い着いてしまい、ちょっとボンヤリしているとぶつかりそうになったりしますね。また、道路を横断している耕運機も危険です。前方の道路を横断しているので、そこに行くまでに横断するだろうと思っていると、スピードが遅いので近づいてもまだ路上にいてビックリすることがあります。

 四輪車を運転している側としては、道路に耕運機がいるとはあまり思っていないので発見が遅れたり、予想以上にスピードが遅いので、ちょっとわき見をしているとすぐに追いついたりして、意外と危険な存在です。

 道路に耕運機がいる場合には、くれぐれも注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2014.9.25更新)

■運転中の陥りやすい心理に気づいて事故を防ぎましょう

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。