2014年

9月

30日

車間距離が大切なわけ

 以前、高速道路では車間距離を多めにとろうというお話をしましたが、もちろん一般道路でも、車間距離を十分とって走行することが大切です。

 先日、車間距離をとっていて良かったと感じることがありました。
 片側1車線の山道の国道を走行していたとき、信号や交差点がなく周囲に人家も店舗もない場所で、先を行く前車が突然、対向車線のバスとすれ違う前に急ブレーキを踏んだのです。

 前車のすぐ前を走行している車はいなかったので驚きましたが、私はある程度余裕をもって減速し停止できました。実は対向車線のバスの後ろから追越しをかけた軽自動車がこちらの車線にはみ出してきて、あやうく前車と正面衝突しそうになったのです。

 その軽自動車は、かなり年配の男性高齢者が運転していて、危険に気づいていないのか、何食わぬ顔で通過していきました。前車のドライバーは危うく停止できましたが、気づくのが一瞬遅ければ衝突していてもおかしくない無謀な追越しでした。

 こうしたドライバーがいるので、車間距離は必要だと改めて感じるとともに、対向車線に路線バスなどがいる場合は、「まさか」とは思っても、追越しをかけてくる車の存在を予測して運転すべきだと痛感した出来事でした。

(シンク出版株式会社 2014.9.30更新)

■運行管理者・配車担当者のためのマネジメント手帳

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しました。

 カレンダーやメモ欄も充実の内容で、多忙な管理者のスケジュール管理にも対応できます。

 

 2015年版より整備管理者制度の概要を掲載するなど資料ページがより充実、2016年版では「運転者の健康管理・指導のポイント」を付け加えました。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。