2014年

10月

03日

乗用車でもボルトの点検が必要です

 以前、大型トラックのタイヤのボルトが走行中に破損してタイヤが外れ、歩行中の人に当ったり、対向車に衝突する事故が多発しました。
 それ以来、大型トラックのボルト点検の重要性について、いろいろと広報されてきましたが、乗用車についてはほとんど触れられていません。
 
 しかし、ボルトやホイールが破損して走行中にタイヤが外れる危険性は、乗用車でも変わりはありません。
 さる9月26日、鹿児島市の国道10号で、赤色点滅信号前で一時停止しようとした乗用車の右後部タイヤが突然外れ、対向車線側まで転がって縁石に乗り上げ、歩道にいた小学2年の女児に当たって両ひじなどに打撲や擦り傷の軽傷を負う事故がありました。
 警察によりますと、乗用車は1998年製でタイヤと車軸をつなぐボルト5本がすべて折れており、ホイールごと外れていたということです。

 乗用車の日常点検基準では、タイヤのボルトの点検まで求めていません。
 しかし、長年使用している車についてはボルトの締め付け不良がないか、ボルト付近から錆汁が出ていないか、ホイールに亀裂が入っていないかなど、ときどき点検してください。

 (シンク出版株式会社 2014.10.3更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。