2014年

10月

22日

「ひき逃げ」だけは絶対にしない

 さる10月15日午後11時5分ごろ、浜松市の県道で道路を歩いていた近くに住む87歳の高齢者が軽乗用車にはねられ死亡する事故がありました。


 軽乗用車は、高齢者の救護措置をとらずにそのまま逃走していましたが、現場に落ちていた車の部品などから、車を運転していた63歳の女性が逮捕されました。女性は「ぶつかったのが人かどうかわからなかった」と供述しているそうです。
 
 この事故に限らず、最近「ひき逃げ」に関するニュースをよく目にします。そして、ひき逃げした運転者は必ずと言っていいほど「人をひいたかどうかわからなかった」といった供述をしています。車を運転していて、人にぶつかったりすると怖くなって逃げてしまい、そういった供述をするのだと思いますが、「ひき逃げ」は重大な犯罪です。
 
 その場ですぐに救急車を呼ぶなり救護措置をとっていれば、助かったかも知れない命が、救護をせずに逃げたために命を落とすこともあります。何かにぶつかったなと感じたら、必ず車から降りて状況を確認し、人が倒れていたら、必ず救護措置をとってください。

 

 ドライバーとして、「ひき逃げ」だけは絶対にしないでください。


(シンク出版株式会社 2014.10.22更新)

■交通事故の高い代償を知ろう

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちで行った不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。