2014年

10月

23日

相手と時間的・空間的に交わらない運転をしよう

 事故が起きる状況を考えてみますと、自車と相手が時間的・空間的に重なったときに起きていますので、相手と同じ時間に同じ空間にいないような運転をすれば、事故を防ぐことができます。
 
 まず、時間的に重ならない運転を考えてみましょう。たとえば、信号機のない交差点を通過する際に交差道路から車が来ていなければ、事故の危険もなく通過することができますが、万一交差道路からバイク等が来ていれば、事故の可能性が急に高くなります。

 

 そこで、重要になるのが一時停止をして、どちらかが交差点に入るタイミングを遅らせるという運転なのです。

 次に、空間的に重ならないようにする運転を考えてみましょう。たとえば、前方左端を走行している自転車を追い越そうとする場合、自転車の横に並んだときには、時間的に重なってしまうので、空間的に重ならないことを考えるのです。


 つまり、できるだけ自転車との側方間隔をとって空間を開けておけば、万一自転車がふらついた場合でも、接触事故を避けることができます。どんな運転場面でも、時間的にも空間的にも重ならないような運転をすることが、事故防止の第一歩なのです。

 

(シンク出版株式会社 2014.10.23更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。