2014年

10月

30日

運転中は携帯電話をドライブモードに!

 皆さんご存じのように、車を運転中に携帯電話を手に持って通話することは禁止されています。しかし、現実には携帯電話やスマートフォンを使用しながら片手でハンドルを握って運転している人をよく目にします。

 こうした運転がどんなに危険なことかは、今さら説明をする必要もありませんが、運転中に携帯電話が鳴ったために、そちらにわき見をする危険も無視できません。
 
 さる10月26日、大阪府高石市の片側1車線道路で、自転車で横断歩道を渡っていた中学生が信号を無視して進入してきた軽トラックにはねられ、頭を強く打って死亡する事故がありました。

 軽トラックを運転していた72歳の男性は「胸ポケットに入れていた携帯電話が鳴り、番号を確認しようとわき見をした」と話していますが、横断歩道があるような場所でなぜ携帯電話の番号を確認しようとしたのか、と疑問に思ってしまいます。
 
 車を運転するときに、携帯電話をドライブモードなどにせずに乗ることも問題ですが、かかってきた携帯電話に出ようとわき見をするのはもっと問題です。

 運転中は携帯電話をドライブモードにすることはもちろんですが、モード切替えを忘れて、着信音が鳴っても絶対に出ないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.10.30更新)

運転中に取りやすいリスクを具体的に知ることができます

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などをチェックし、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。