2014年

12月

15日

前車の急減速に備えて車間距離をとっておこう

 車に乗って走行していると、前車との車間距離をあまり開けない車をよく見かけますね。

 こういった運転者の意識のなかには、前車は急には止まらないし、そのままのスピードで行くだろうという思い込みや期待感のようなものがあるのではないかと思います。

 どれくらい短い車間距離で走行しているか、一度運転席を降りて道路の外から見てみたらどうでしょうか。

 私も一度眺めたことがあるのですが、外から見ていると本当に短い車間距離のままで、かなりのスピードで前車に追従して走行している車が多いのです。そのとき正直に思ったのは、前の車が少しブレーキを踏んだら追突しかねないし、自分の命を前車に預けて運転しているようなものだな、ということでした。

 先日、愛知県あま市の名古屋第二環状自動車道で、トラックなど4台が絡む玉突き事故がありましたが、きっかけとなったのは、道路上に落ちていた毛布でした。その毛布を避けようとした大型トラックが減速したところに、後続車が追突したものでした。

 前車に追従するときには、前車が突然急減速することもあるということを頭に入れ、十分な車間距離をとって追従しましょう。

(シンク出版株式会社 2014.12.12更新)

■『酒気残り』による飲酒運転を防止する教育教材

 冊子「酒気残りによる飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘教授の監修により、酒気残りによる飲酒運転を防ぐための防止策を指導する教材です。


 「仮眠による落とし穴」や「一晩寝たの落とし穴」など4つのケースを取り上げ、酒気残りの「落とし穴」に陥りやすい運転者心理を明らかにするとともに、最新の科学的データを紹介してわかりやすく解説しています。


 また、巻末には知っておきたい「飲酒運転防止のための知識テスト」を掲載しました。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。