2014年

12月

22日

帰省時などには、後部座席のシートベルト着用の徹底を

 年末には、旅行や帰省のため家族で長距離ドライブをする機会があると思いますが、くれぐれも忘れてほしくないのは、シートベルトの完全着用です。

 というのは、今年10月にJAF(日本自動車連盟)が警察庁交通局と共同で調査した結果によると、一般道路の後部座席のシートベルト着用率が35.1%と“約3人に1人の低い着用率”のままだからです。高速道路でも70.3%と3人に2人程度にとどまっています。

 ちなみに、後部座席の人が非着用の場合の致死率は着用していた場合の4.5倍と非常に高くなっています。非着用の場合、車外放出の危険が高まるからです。また、本人が致命傷を負うだけでなく、車内で後部座席の人の身体が前席に衝突した場合は、運転者や助手席同乗者に致命傷を負わせる危険性もあります。

 家族のドライブ旅行などでは、どうしても長時間の行程になりがちなので、子どもが車内で動きまわってゲームをしたりシートに横になったりして、シートベルトを外しやすいので、気をつけてください。

JAFのWEBサイトより
JAFのWEBサイトより

 なおJAFでは、交通事故の多発が心配される年末年始を前に、後席シートベルトの実情を視覚的に表現して、直観的にわかりやすく図式化したインフォグラフィックを作成して、ホームページで公開しています。


>> JAFWEBサイトへ

(シンク出版株式会社 2014.12.24更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を知っていますか?

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修により、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。