2014年

12月

26日

雪道のワダチ走行は慎重に

 さる12月22日、札幌市北区の片側1車線の直線道路で軽乗用車が歩道に乗り上げて、登校中の小学生4人をはね、重軽傷を負わせる事故がありました。

 事故当時、路面は凍結しており、雪が積もって道幅が狭くなった状態でしたが、軽自動車を運転していた男性は「ワダチにハンドルをとられた」と話しているということです。

 雪道では、ワダチができることがよくあります。ワダチが浅ければ、ワダチに沿って走ったほうが安全ですが、ワダチが深くて回りの雪が硬くなっていたりすると、ハンドルをとられることがありますので、慎重に運転しなければなりません。

 また、あまりにも雪が深くて硬い雪でフロアを擦ったりするような状態になると、走行不能になることがありますので、ワダチの間の山に乗り上げて走行することになります。

 そういうときには、十分に減速してから乗り上げるようにしてください。スピードを出したまま乗り上げようとすると、かえってコントロールを失う場合があります。

 いずれにしても、ワダチに沿って走行しているときにはハンドルをとられないこと、ワダチの間を走行しているときには、不用意にワダチにはまらないように慎重な運転をする必要があります。

(シンク出版株式会社 2014.12.26更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を知っていますか?

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修により、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。