2015年

1月

13日

雪のため歩行者が車道にいる危険を予測しよう

雪を掻きだすため車道に出てくる歩行者
   雪かきの人の存在も予測して運転しましょう

 この冬は寒波の襲来が早く、各地で大量の雪が降っています。雪道で怖いのは、車がスリップすることだけでなく、歩行者などの行動も変化することです。

 雪がたくさん積もった翌朝などは、敷地の雪をかき出すため車道まで出てくる人がいます。


 また、路肩に除雪や雪下ろしなどによって大きな雪山ができ、それを避けるため歩行者が車道を歩いていることがあります。ドライバーはこうした行動も予測して走行する必要があるのです。

 さる2014年12月12日の早朝に、新潟県長岡市で大型トレーラが国道404号(片側1車線)を走行中、車道にいた高齢者の女性をはねて死亡させる事故がありました。現場の路肩には、除雪で生じた雪が積み上げられており、被害者の女性は除雪作業中か雪山を避けるため車道を歩いていて、トレーラにはねられたと思われます。

 大きな雪山があると死角が増えますので、その向こうから急に歩行者が現れると、驚いてブレーキを踏んでスリップする危険もあります。雪山の多い場所では、十分にスピードを落とすとともに、対向車のいない場合は少し道路の中央寄りを走行して雪山を避ける運転を心がけましょう。


(シンク出版株式会社 2015.1.13更新)

■見えない危険を読む危険予測トレーニングツール

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい自らの心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。