2015年

1月

15日

高速道路を出るときは十分に減速しよう

 高速道路を長時間走行していると、だんだんとスピードに慣れてきて感覚が麻痺し、少々スピードが出ていても「速い」と感じなくなります。
 そのため、高速道路から出て出口に向かうとき、減速車線からランプウエイに進入したときに十分にスピードが落ちていなくて、ランプウエイのカーブを曲がり切れないといった事態になることがあります。
 
 さる1月8日、熊本市の九州自動車道植木インターチェンジの出口付近の左カーブで、本線から料金所に向かっていた中型トラックがガードレールを突き破って横転し、運転していた男性が死亡する事故がありました。
 事故の原因はわかりませんが、ブレーキ痕がなかったということですから、おそらくランプウエイを走行するときにスピードを出し過ぎていたために、カーブを曲がり切れなくてガードレールに突っ込んだのではないかと思われます。
 
 高速道路から出るときには、自分では十分にスピードを落としたつもりでも落ちきっていないことがよくあります。ランプウエイに入ったときにはスピードがどれくらいかをスピードメーターで確認する習慣をつけてください。

(シンク出版株式会社 2015.1.16更新)

■ドライバーの心をつかむ指導のヒントを紹介

 本書は、管理者の皆様方がドライバーの方々を指導される際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者のための参考書です。

 

 各事例は会話調のマンガでわかりやすく紹介していますので、気軽に読むことができ、日々の指導業務の参考にしていただけます。

 


【商品詳細へ】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。