2015年

2月

10日

コンビニの通り抜けはやめよう

 交差点を左折するときに、左側の角にコンビニがあり、前方の信号が赤だった場合、信号待ちをするのを嫌ってコンビニの駐車場へ入ってそのまま交差道路へ抜ける人がいます。
 
 こういうときの運転者は、悪いことをしているという気持ちが働くせいか、早く抜けようと焦っていることが多く、そのため進行方向しか見ておらず、コンビニの駐車車両の死角から出てくる人を見落としたりすることがあります。
 
 さる2月3日、長野県内のコンビニ内の駐車場で女性店員が店の入り口に向かって歩いていたところ、駐車場に入ってきた軽乗用車にはねられる事故があり、跳ねた車は救助をせずにそのまま逃走しました。

 

 このコンビニは、国道沿いの交差点に面していることから、赤信号などの際に通り抜けようとする車があとを絶たないということで、軽乗用車も通り抜けようとしたのではないかとみられています。

 少しの信号待ちの時間を節約するために、交差点の角のコンビニを通り抜けるのはマナー違反です。事故が起きる可能性も高くなりますので、絶対にやめてください。

 

(シンク出版株式会社 2015.2.12更新)

■軽い気持ちの運転行動が高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。

 

 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。