2015年

2月

23日

エアバッグの解除装置はなぜあるか、ご存知ですか?

  助手席エアバッグ解除装置(左)と表示(右)
  助手席エアバッグ解除装置(左)と表示(右)

 最近の乗用車には、助手席エアバッグが標準装備されていますが、車種によってエアバッグの解除装置がついていることをご存知でしょうか?

 これは、助手席に妊産婦やチャイルドシートを乗せたときエアバッグが作動すると、胎児が大きな圧力を受けたり、乳幼児がバッグに押しつぶされる危険があるので、解除できるようにしているのです。


 ただし、運転席やサイドエアバッグと装置が連動し容易に解除できない車種もあり、西欧先進国ではエアバッグのある助手席へのチャイルドシート装着を禁止する条例を設けている国もあります。


 妊婦や乳幼児を助手席に乗せる場合、エアバッグ作動を解除しましょう。解除できない車であれば、助手席には乗せないように気をつけてください。

 なお、我が国では健康保持上で懸念がある場合、妊産婦はシートベルト装着を免除されていますが、装着したほうが母子とも事故死亡率は低いという統計があり、先進国では義務化されています。日本産科婦人科学会も正しい方法でシートベルトを装着することを奨励し、交通の教則でも正しく着用することが母子を守るとされています(※)。

 もし、妊娠中の女性の方がシートベルトをつけないまま助手席に座り、エアバッグだけが作動した場合は大変に危険です。同乗するときは後部座席に座って、シートベルトを正しく着用するように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2015.2.23更新)

妊娠女性の正しいシートベルト着用方法
 クリックで拡大

※右は、日本産科婦人科学会のアドバイスを踏まえて作成された妊娠女性むけのシートベルト着用啓発ポスター

 

※交通の教則(交通の方法に関する教則)より

(3) 妊娠中のシートベルトの着用

 妊娠中であつても、シートベルトを正しく着用することにより、交通事故に遭つた際の被害から母体と胎児を守ることができます。

 ただし、妊娠の状態は個人により異なりますので、シートベルトを着用することが健康保持上適当かどうか、医師に確認するようにしましよう。

 妊娠中は、事故などの際の胎児への影響を少なくするために、腰ベルトのみの着用は行わず、腰ベルトと肩ベルトを共に着用するとともに、大きくなった腹部をベルトが横切らないようにするなど、正しくシートベルトを着用することが必要です。

■重大事故に陥りやすい健康リスクをチェック!

小冊子「健康管理と安全運転」は、ドライバーの健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、ドライバーが日々気を付けておきたい健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。