2015年

4月

02日

狭い交差点では後続車に配慮を

右折待ちの際には交差点中央で待機する
右折待ちの際には交差点中央で待機する

 皆さんご存知のように、道路交通法34条2項では「右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側を徐行しなければならない」と定められています。

 これは、直進する後続車の通行を妨げないための措置ですが、なかなか守られていないように思います。
 
 先日も片側1車線道路を走行していたのですが、前方の交差点に1台の右折車がいて、後続車が『通せんぼ』の状態になってしまい渋滞していました。

 その交差点では右折専用ラインがないので、ある程度後続車の通行を妨げるのは仕方のない面があるのですが、後ろから見ているとその右折車は交差点の中央から約1mも後方で右折待ちをしており、もう少し前に出てくれたら、後続車が通過できて渋滞しないのにと思ってしまいました。

 片側1車線道路の右折専用ラインがない交差点で右折する場合には、自分の右折停止位置次第で交通の流れがストップすることもあります。

 右折時には、後ろの車の通行を妨げていないかを常に気にするようにしてください。


(シンク出版株式会社 2015.4.2更新)

■正しい知識を持って運転していますか?

 免許を取得して時間がたつと教習所で習ったことも忘れてしまい、自分なりの偏った知識で運転しがちです。

 小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや標識・標示の意味、安全運転の知識などをQ&A形式で自己チェックすることができます。

 正しい運転の知識を再確認して、交通違反、交通事故を防止しましょう。



※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。