2015年

5月

01日

任意保険の適用外の人に運転させない

 先日、センターラインをはみ出した車が直進してきた対向車と衝突し、はみ出した側の助手席に乗っていた男性が死亡した事故で、福井地裁は対向車側にも賠償責任を認める判決を言い渡しました。
 
 同様の事故で、直進対向車側の責任を認めたのは全国で初めてということで話題を集めましたが、一般的な感覚では、センターラインを越えた車側に一方的に責任があるように思いますが、なぜ対向車側にも責任があるとなったのか不思議な感じがします。
 
 この判決が妥当であるかないかは判断が分かれると思いますが、その背景には、遺族救済という側面があったような気がします。
 というのは、センターラインをはみ出した車の所有者は、助手席に乗っていて死亡した男性で、運転していたのは家族ではない大学生でした。


 この車の任意保険は、家族以外の運転者が起こした事故については補償しないという内容であったために、死亡した人や遺族に対する損害賠償がされない状態でした。今回の事故ではこうした判決が出ましたが、これから控訴される可能性もありますし、いつもこうした判決が出るわけではありません。


 肝心なことは、運転者を限定している車の任意保険に入っているときには、限定している人以外は絶対に運転させないということです。

(シンク出版株式会社 2015.5.1更新)

■被害事故と思っていても過失責任が発生することがあります

「当たってこられた!」自分が交通事故の被害者だと思っていたら、過失相殺で思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

 「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生することを学ぶとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

 「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。