2015年

5月

08日

運転中はスマホの地図を絶対に見ない

 最近、電車のなかを見渡しているとほとんどの人がスマホを見ているような印象があります。


 スマホのなかにいろいろなアプリが入っており、確かに人々の生活の利便性を向上させていますが、一歩使い方を間違えると災いをもたらすということを忘れてはなりません。
 
 その一つの例が地図です。地理の不案内な土地へ出張に出かけて、訪問先を調べたりするのは非常に便利なのですが、自転車に乗っているときや車を運転しているときに使用している人がおり、それがもとで事故になっていることが少なくありません。

 さる4月29日、神奈川県座間市の県道で交差点を右折しようとした乗用車が対向車線を直進してきた原付バイクと正面衝突し、バイクの女性が意識不明の重体となる事故がありました。


 乗用車を運転していた男性は、「スマートフォンで地図を見ていた」などと話しているそうです。交差点を右折するということは対向車線を横切ることになりますから、対向車の有無や右折先の横断歩行者の有無など安全確認することが山ほどあります。


 そういうときに、前方から視線を離すことになるスマホの地図を見る感覚が信じられません。何度も言うようですが、運転中にスマホの地図を見るのは絶対にやめてください。


(シンク出版株式会社 2015.5.8更新)

■うっかりミスでも思わぬ責任を負うことになります

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、「わき見・漫然運転」をはじめとして「先急ぎ運転」「思い込み運転」によるうっかり事故の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 自分がどのようなときに「わき見」をしたり「うっかり」しやすいかを知ることが重要です。具体的な安全運転目標を立てることで、「うっかり事故」の防止をはかることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。