2015年

5月

27日

ブレーキを踏める靴で運転していますか?

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 安全運転を意識しているドライバーなら、ハイヒールやサンダルなどのブレーキを踏みにくい靴を履いて運転することはないと思います。


 運転に緊急にブレーキを踏む必要が出てきたきたときに、ブレーキをキチンと踏めるかどうかが、事故を起こすか起こさないかの分岐点になるからです。


 実際、ハイヒールで運転していて死亡事故を起こし、多額の賠償を支払った事例があります。


 平成23年9月27日、宮城県仙台市でハイヒールを履いて車を運転していた女性が、段差に乗り上げて車を止めようとした際、つま先だけでブレーキを踏んだために足が滑り、逆にアクセルを踏み込んでしまいました。そのため、前方を歩いていた小学生3人を跳ね、1人を死亡させました。


 仙台地裁は、事故の約半年前にもハイヒールを履いて運転しブレーキを踏み外した経験をしていたなど、日頃の道交法遵守や安全運転に対する意識の低さを厳しく指摘し、約6,500万円の支払いを命じました。


 これから暑くなってきますと、キチンとした靴に履き替えるのが面倒で、ついサンダル履きのままで運転することがあります。ブレーキを踏めない靴で絶対に運転をしないようにしてください。


(シンク出版株式会社 2015.5.27更新)

■交通事故の影響の大きさを理解して運転していますか?

事故によって鉄道をストップさせたり、田んぼに廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事故が発生することがあります。


小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、わずかなミスや、低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。


【詳しくはこちら】


■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。