2015年

6月

08日

車から降りるときには、後方をよく確認しよう

 車から降りるとき、サイドミラーだけでなく目視で後方の安全を確認する必要があります。

 皆さんは急いでいるときなど、つい無造作にドアを開けることはありませんか?そんな不安全行動が死亡事故に結びついた例があります。

 さる6月2日、川崎市の市道で、道路の左側に駐車していた乗用車の横を通過しようとした原付きバイクが突然開いた運転席のドアに衝突して転倒し、後方からきたタクシーにはねられ死亡しました。


 警察は、運転者の男(46歳)を業務上過失致死容疑で逮捕しました。現場は駐停車禁止場所で、男は後方をよく確認しないでドアを開けたもようです。
 
 車の側方にいるバイクや自転車はサイドミラーの死角に入っている場合があり、チラッとミラーを見るだけでは何もいないと勘違いしがちです。

 そのため、後側方を目で見て確認する必要があるのです。またドアを開けるときは、急に開放しないで、まず少し小さく開けて後方から来ているバイクや自転車にドアが開くのを予見させることも大切です。

 後方を確認する義務は、運転者だけでなく同乗者が降りる場合も同様です。後方の危険を予測し、後部座席や助手席側の同乗者が降りる場合も不用意にドアを開けないように注意してください。

 
 (シンク出版株式会社 2015.6.8更新)

■大丈夫ですか?交通ルールと運転知識


運転免許証を取得すると、交通ルールや安全運転の知識について改めて見直すことは少なくなります。

しかし、道路交通法の解釈や運転知識を勘違いしたまま運転していると、いずれ交通違反や事故に繋がります。

 

小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。