2015年

6月

09日

高速道路では右カーブの水たまりに注意

 雨の日の高速道路走行では、ハイドロプレーニング現象に注意しなければなりません。

 路面一面が冠水しているような状況では、どこを走行してもハイドロプレーニング現象が起きやすいのですが、そういう道路状況以外でも場所によってはハイドロプレーニング現象がおきやすいので注意しなければなりません。

 代表的な場所は、ワダチ掘れがあるところです。

 普通ならタイヤが浮き上がるような水たまりができないような雨量でも、ワダチがあるとそこに水がたまり、ハイドロプレーニング現象が起きやすくなります。

 もう一つは、右カーブの追越車線です。

 高速道路では、カーブに緩い傾斜がつけられているので、カーブの内側が低くなって、そこに水がたまりやすくなります。

 右カーブでは、追越車線側が低くなっていますから、あまりスピードを出して追越車線を走行しているとハイドロプレーニング現象が起きやすくなるので、注意しなければなりません。

 高速道路では、あまり雨が降っていないような状況でも、場所によったら水がたまりやすい所がありますで、スピードの出し過ぎにはくれぐれも注意してください。


(シンク出版株式会社 2015.6.9更新)

■季節に応じた指導の参考になるトラック事業所向け参考書

「運行管理者のための安全指導12か月」は、管理者の皆様が毎月計画的にドライバー指導ができるように、各月ごとに重点管理目標を掲げるとともに、指導のポイントをイラストや写真を使ってわかりやすくまとめた管理者向けの参考書です。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。