2015年

6月

24日

歩道にいる「電動車いす」にも注意

 最近、高齢者が「電動車いす」に乗って移動している姿をよく見るようになりました。

 

 ドライバーとしては、道路上で「電動車いす」を見かけたら十分に注意をしなければならないのは当然ですが、「電動車いす」が歩道を走行しているときにも十分に注意しなければなりません。


 というのは、歩道を走行していた「電動車いす」が急に車道に出てくることがあるからです。


 以前にこのような事故がありました。片側1車線道路を走行していた車が、歩道を走行している「電動車いす」の脇を通過しようとしました。ドライバーは、車いすは歩道にいるから危険はないと判断して、そのまま進もうとしたところ、「電動車いす」が急に車道に出てきたため、急ブレーキをかけたが止まり切れずに衝突しました。


 「電動車いす」は歩道の路面が凸凹であったために、歩道から車道に出てきたのでした。


 「電動車いす」は、歩道が凸凹していてスムーズに走れないときには、急に車道に出てくることがあります。歩道を走行しているから大丈夫と考えないで、車道に出てくるかもしれないと考えておきましょう。

(シンク出版株式会社 2015.6.24更新)

■交通事故が社会に大きな損害を与えることがあります

事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して付近一帯が停電になったり、田畑に廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事態に発展することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、ドライバーのわずかなミスや低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。