2015年

7月

08日

路面状況に応じて速度をコントロールしよう

 車を運転する人に、「事故を起こさないようにするためにどうしますか」と尋ねますと、ほとんどの人は「スピードをコントロールすること」と答えると思います。


 しかし、「具体的にどのようなときにスピードを落としますか」と聞くと、すぐには答えられないのではないでしょうか。


 ところが、安全運転を長い期間続けている人に尋ねると、とっさに答えが返ってくることがあります。


 20年以上無事故・無違反を続けているタクシーのドライバーは、「道路状況に応じてスピードをコントロールする」と答えてくれました。たとえば、道路の幅です。道幅が狭くなればなるほどスピードを落としているというのです。


 また、同じ道路でも路面状況に応じてスピードをコントロールしているそうです。雨が降っていて路面が濡れている状況では、当然それに応じてスピードを落としているということです。


 日本列島は、今ちょうど梅雨真っ盛りです。


 これから雨の中を走行する機会が多いと思いますが、路面状況と道路幅員に応じたスピードにコントロールして、安全運転を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2015.7.8更新)

■ドライバーを安全運転に導くヒントをマンガで紹介

教育用冊子「ドライバーの心をつかむ管理者の言葉」は、管理者の皆様方がドライバーの方々を指導される際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者のための参考書です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。