2015年

7月

22日

タバコのポイ捨ては山火事の原因になります

 さる7月12日午後4時45分ごろ、宮城県大崎市の東北自動車道下り線の「のり面」の下草が焼ける火事がありました。


 地元警察によると、下草が燃えた付近にたばこの吸い殻が複数落ちていたということで、高速道路を走行中の車の窓からタバコをポイ捨てした可能性があるとみています。


 最近では禁煙スペースが広がりつつあり、タバコを吸う人にとって肩身が狭い思いをしているようですが、それでもタバコを吸う人のマナーは向上していないように思います。


 街中には、タバコの吸い殻が所かまわず捨ててありますし、なかにはタバコの火が点いたまま捨ててあることがあります。


 タバコの火が点いたまま捨てる人は、それがどこかに燃え移る危険があるというイメージを持っていないのかと悲しい気持ちになります。


 走行中の車からタバコを捨てると山火事を起こすこともありますので、絶対にやめてください。


(シンク出版株式会社 2015.7.22更新)

■交通事故は大きな損害を生み出します

事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して付近一帯が停電になったり、田畑に廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事態に発展することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、ドライバーのわずかなミスや低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。