2015年

7月

27日

車が動き出したら人の力では止められない

 車を駐車させるときにサイドブレーキをかけるのを忘れていたために、坂道などに駐車していた車が突然動き出し、慌てて車を止めようとして塀などに挟まれて死亡する事故がときどき起こっています。


 これまで、車が動き出すのは坂道など道路が傾斜している場所に限られると思っていたのですが、強風などでも車が動き出すことがあるので注意が必要です。


 先日、四国に上陸して中国地方を縦断した台風11号の影響で、兵庫県姫路市で車のサイドブレーキをかけ忘れたために強風で車が動き出し、止めようとした68歳の女性が車と電柱の間に挟まれて右足を骨折する事故がありました。


 人間は誰でも、サイドブレーキをかけ忘れて車が動き出すと頭がパニックになって、何とか動きを止めようと自分の力で車の動きを止めようとすることがあります。


 動き出した頃は、スピードもあまり出ていませんので、何とか止められるのではないかと思ってしまいますが、1トン以上ある車が一度動き出したら人の力で止められるものではありません。


 駐車するときは、サイドブレーキをかける習慣をつけることはもちろんですが、一度動き出したら自分の力で止めようとしないことが大切です。可能ならば運転席に乗り込んでブレーキをかけてください。

(シンク出版株式会社 2015.7.27更新)

■高齢者との事故防止を図る運転者教育教材

高齢化社会を迎え、運転者は今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。


小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者の歩行中や自転車乗車中の6つの事故パターンから、事故に至った高齢者と運転者の意識のギャップを紹介し、取るべき運転行動を解説しています。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。