2015年

7月

29日

子どもを車内に残さないようにしよう

 毎年暑くなると、子どもが車内に閉じ込められて熱中症で死亡する事故が後を絶ちません。

 

 最近JAF(日本自動車連盟)が発表したデータによりますと、昨年の7月~8月の2か月間に子どもを車内に残したままドアをロックしてしまい、JAFに救援を依頼したケースが全国で438件もありました。

 

 そのなかで、通常の開錠作業ではなく緊急性が高いと判断して、ドアガラスを割るなどして子どもを救出したケースが9件もありました。

 

 ロックの原因としては「子どもが誤ってロックを操作した」というものが多く、なかには「電子キーの電池切れ」というものもありました。

 

 親としては、子どもが寝ていたりすると「ちょっとの時間買い物をするだけだから」とか「起こすのが可哀そうだから」などの理由で、車内に子どもを残したまま離れる人もいます。

 

 しかし、エアコンを切るとわずか15分で人体にとって危険なレエアコンを切るとわずか15分で人体にとって危険なレベルに達する実験結ベルに達する実験結果もありますし、ドアロックのトラブルとならなくても、熱中症を引き起こす事故になりかねません。

 

 夏休みには家族でドライブに出かける機会が多いと思いますが、くれぐれも車内に子どもを残さないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2015.7.29更新)

■高齢者との事故防止を図る教材のご案内

 高齢社会を迎え、運転者は今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。

 

 小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者の歩行中事故や自転車乗車中事故の6つの事故パターンを紹介し、事故に至った過程での高齢者と運転者の意識のギャップに焦点を当てています。

 

 互いの意識のギャップを知ることで、運転者が「なぜ高齢者事故が多発するのか」に気がつくように解説していますので、今後取るべき運転行動を理解することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。