2015年

8月

05日

高速道路でのガス欠に注意しよう

 8月に入り、本格的な夏の旅行シーズンが到来しました。高速道路を利用して長距離ドライブを計画されている方も多いと思いますが、高速道路での長距離ドライブで気をつけていただきたいのが、「ガス欠」です。


 一般的に、燃料計を見ていたら「ガス欠」なんて起こるはずはないのにと思いますが、意外にも高速道路でのJAFへの救援依頼を見ると、「燃料切れ」が毎年上位に来ています。


 最近では、高速道路のSAからガソリンスタンドが撤退したりして、長距離にわたってガソリンスタンドがない空白地帯が増えており、次のSAで入れようと思ってるうちにガス欠になるケースが少なくありません。


 「スタンドの空白」が100キロ以上続く区間が全国で83か所あり(国土交通省4月調査)、長いところでは150キロ以上ガソリンスタンドがない区間があったり、夜間は営業をしていなかったりと、給油予定が狂ってしまうことがあり、ガス欠に陥る危険性が一段と高まっています。


 長距離ドライブに出かけるときには、最新の高速道路ガイドマップなどで給油所の有無と営業時間などを調べておき、予めどこで給油するかの計画を立てておきましょう。


 給油は、ガソリンがギリギリになってから入れるのではなく、早め早めの給油を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2015.8.5更新)

■高齢者との事故防止を図る運転者教育教材

高齢化社会を迎え、運転者は今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。


小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者の歩行中や自転車乗車中の6つの事故パターンから、事故に至った高齢者と運転者の意識のギャップを紹介し、取るべき運転行動を解説しています。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。