2015年

8月

12日

ゆずり車線では無理は禁物です

写真と文中の事故は無関係です
写真と文中の事故は無関係です

 交通量の少ない高速道路では、暫定的に片側1車線で開通しているところがあります。こういう高速道路では、対向車線とポールで隔てられているだけなので、しばしばセンターラインを越えて対向車線にはみ出して正面衝突する事故が起きています。


 さる8月4日、鳥取市の鳥取自動車道で、センターラインを越えた乗用車が対向してきた軽乗用車と正面衝突し、乗用車の3人が死亡する事故がありました。


 目撃者の情報によりますと、左側のゆずり車線からキャンピングカーが車線変更してきたために、乗用車がそれを避けようとしてセンターラインを越えたのではないかとみられています。


 片側1車線の高速道路には、遅い車を追い越すことができるように、ゆずり車線が設けられています。その区間は比較的短いために、ゆずり車線が終了する間際では、遅い車を追い越そうとする車と元に戻ろうとする車の凌ぎ合いがみられ、危険な状態になることが少なくありません。


 ゆずり車線が終了するところでは、お互いに意地を張った運転をせずに、文字通り譲り合うようにしてください。

(シンク出版株式会社 2015.8.12更新)

■交通事故が社会に与える大きな損害を理解することができます

事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して付近一帯が停電になったり、田畑に廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事態に発展することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、ドライバーのわずかなミスや低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。