2015年

8月

27日

遮断機の降りた踏切には絶対に進入しない

写真はイメージです。文中の事故現場ではありません
写真はイメージです。文中の事故現場ではありません

 皆さんご存じのように、道路交通法には踏切を通過しようとするとき、その手前で一時停止して自分の目と耳で安全確認をし、踏切の警報機が鳴りだしたときや遮断棒が下りようとしているときには、踏切に進入してはいけないと定められています。


 すべてのドライバーがこのルールをキッチリと守っていれば、踏切事故は起こらないはずなのですが、なぜかルールを守らないドライバーがいて、踏切事故は一向になくなりません。


 さる8月18日午後10時30分ごろ、岐阜市の名鉄各務原線の踏切で、20歳の女子大生が運転する乗用車が遮断機の下りた踏切に進入して、慌てて車をバックさせましたが間に合わず先頭の車両と接触する事故がありました。


 なぜ、女子大生が踏切内に入ったかは定かではありませんが、おそらく遮断機が下り始めたときにあわてて踏切に進入したところ、向う側の遮断機はすでに下りてしまっていて、踏切内に閉じ込められてしまったのではないかと思います。


 遮断機が下りようとしているときには、強引に進入しないことはもちろんですが、万一踏切内に閉じ込められたときには、ぐずぐずせずに車で遮断棒を押して出てください。


(シンク出版株式会社 2015.8.27更新)

■交通事故が社会に大きな損害を与えることがあります

事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して付近一帯が停電になったり、田畑に廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事態に発展することがあります。

 

小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、ドライバーのわずかなミスや低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。