2015年

9月

08日

前車からの積荷の落下に注意

写真は文中の事故とは関係ありません
写真は文中の事故とは関係ありません

 さる8月29日、名古屋市の伊勢湾岸自動車道下り線で、乗用車同士の衝突し、そのうちの1台が横転する事故がありました。


 事故の直前、乗用車の前を走っていた車から積み荷が落下し、それを避けようとしてハンドルを切り、隣車線を走行していた別の乗用車とぶつかったとみられています。


 最近はパネルバンのトラックが多く、そこから荷物が落下することはまずありませんが、荷物をロープ掛けしただけで走行しているトラックがおり、その後ろを走行するときには常に荷物が落下するリスクを考えておかなければなりません。


 それでも、荷物にシートをかぶせてその上からロープ掛けをしているトラックは比較的安全なのですが、荷物に直接ロープを掛けている車は要注意です。


 とくに、ロープの間から荷物がはみ出ているような状態で走行しているトラックの後ろは追従しないようにしましょう。道路状況などにより、どうしても離れられないときには、十分過ぎるほどの車間距離をとるようにしてください。

(シンク出版株式会社 2015.9.8更新)

■高齢者との事故防止を図る運転者教育教材

高齢化社会を迎え、運転者は今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。

 

小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者の歩行中や自転車乗車中の6つの事故パターンから、事故に至った高齢者と運転者の意識のギャップを紹介し、取るべき運転行動を解説した交通事故防止教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。