2015年

9月

18日

医師から運転を止められたら運転しない

 最近、「てんかん」の発作による事故のニュースが目立っていますね。


 さる8月19日午前10時20分ごろ、北海道共和町の国道276号をツーリング中の大学生の列に乗用車が突っ込み、男女9人が重軽傷を負うという事故がありましたが、この事故も運転していた57歳の男性が運転中に「てんかん」を起こしたものでした。
 
 ひと口に「てんかん」と言ってもその病態は多様であり、適切に薬を服用していれば「てんかん」の発作は抑えられるものもありますが、完璧にコントロールできないものもあるようです。

 今回事故を起こした運転者の場合は、医師から運転を控えるよう指導されており、今年8月の運転免許証の更新の際にも「てんかん」の持病を申告していなかったことがわかっています。おそらく、本人としては正直に申告すれば運転免許証の更新が危うく、運転ができなくなることを自覚していたのではないかと思われます。

 「てんかん」だけでなく、他にも症状や発作がでれば運転に支障がでる病気はたくさんあります。
 医師から運転を控えるように言われたら、絶対に運転をしないでください。


(シンク出版株式会社 2015.9.18更新)

■マンガでわかる──交通事故に結びきやすい健康リスク

【 小冊子 ── 健康管理と安全運転 】

 この冊子では、ドライバーの健康管理に問題があって発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

 各事例について、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。


 安全運転にとって健康管理がいかに重要かを自覚することのできる小冊子です。

 

 【詳しくはこちら

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。