2015年

9月

29日

夜間の路肩駐車は走行車と間違えられる

 このコーナーでは、何度も高速道路の路肩駐車の危険性について述べてきましたが、路肩に駐車中の車が後続車に追突される事故が後を絶ちません。


 さる9月13日午後11時すぎ、群馬県の関越自動車道の下り線で、路肩に止まっていた乗用車が後ろから走行してきた大型トラックに追突される事故がありました。


 なぜ、路肩に止まっている車に後続車が追突するのか、不思議に思う人も多いと思いますので、その事故要因を二つあげてみます。


 一つは、遠くの路肩に止まっている駐車車両が走行しているのか止まっているのか、接近するまで分からないということです。


 もう一つは、前方にテールランプを見つけると、その車に追従しようとする意識が働き、そのランプを目標にして運転していくようになるということです。


 夜間の長距離トラックのドライバーは、眠気や疲れなどから漫然と運転していることが多く、駐車車両になかなか気づきません。


 駐車車両のランプに引き寄せられるように接近し、近くまできて止まっているということに気づいたときにすでに手遅れで避けられないというパターンが大半なのです。


 夜間は、路肩に停車するのは非常に危険だということを覚えておいてください。


(シンク出版株式会社 2015.9.29更新)

■2016運行管理者・配車担当者手帳

 「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。

 カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。